▼三線の修理

■三線の修理

・ 弦切れ:100円(税込)~
・ 本皮の張替え:
  表側→20,000円(税込)~
  裏側→15,000円(税込)~
・ カラクイ:工賃500円(税込)~(カラクイ購入代金別)

※新しいカラクイと三線とをピッタリ合わすため調整いたしますので必ずお客様の三線をお店にお持ち下さいますよう御願いいたします。

※修理の状況・部品の形によって値段が異なりますのでお問い合わせください。

■その他の修理については、さんしんや~ とぅるるんてん
06-6882-3434にお問い合わせください。

系列店

さんしんや~ とぅるるんてん

沖縄・那覇店です。

番頭さんの毎度楽しいブログは必見!!

番頭さんのマニアなほどまでの、職人堅気な製作過程は非常に勉強になります!!

島唄ライブ琉球

大阪・梅田にある関西最大級の民謡ライブ居酒屋です。

100種類以上の泡盛と島唄ライブで今日も賑やかなシマンチュの宴が繰り広げられています!!


島唄ライブ樹里

国際通り沿線にてっちゃんプロデュースのお店が誕生!

創作沖縄料理に舌鼓み、泡盛全銘柄とオリオンビールにグラスを傾け、本格島唄の熱い夜をお楽しみください!!

↑こちらはスタッフの楽しいブログです!!


琉球國民謡協会
 

オーナー紹介

てっちゃん

はいさい!!伊礼 哲です。
長年のプロの琉球民謡歌手としての経験を活かした、「弾き手が弾きやすく、よく鳴る三線作り」をモットーに、1本1本丁寧に仕上げております。
そうして組み上がった三線はプロとしての細やかな微調整を施して完成となります。
すべて手づくりなので手に持った感触や音色がそれぞれ微妙に異なります。
だからお客様にはまず御来店いただいて、実際にいろんな三線を手にとって音を鳴らしてみてから、自分に一番合った1本をお買い上げいただきたいと考えております。
まずはお店に一度めんそーれ!!

携帯ページ

HOME»  三線 名工シリーズ»  岸本尚登 作品»  岸本尚登作 カマゴン 久葉の骨

岸本尚登作 カマゴン 久葉の骨

岸本尚登作 名入りです‼

三線には7つの型がりますが、近年、販売されている三線で真壁型が多い中では珍しい型。

クバ(ビロウ)の葉柄に似ていることからこの名前がつきました。

細棹で野丸と鳩胸の区別がつかないのが特徴です。

 

 

岸本尚登

1969年11月、那覇市に生まれる。
三線職人であった祖父・父を手伝い、幼少より三線づくりに携わりながら成長する。
1992年、尚工房設立。三線、胡弓の製作を行う。また同年、琉球三線楽器保存育成会に入会。2011年、琉球三線楽器保存育成会の一員として、ブラジル、アルゼンチン、ボリビア、ペルー、ロサンゼルスの三線鑑定。琉球諸語収録事業に参加。
2012年、八重山古典民謡保存会に入会。さらに同年、工業技術センター漆工研修を開始。
弾き手、聴き手の心に響く三線、胡弓づくりを目指し、日々精進している。

平成28年 沖縄県工芸公募展 佳作受賞

(沖縄県三線製作事業組合HPより)


※本張りは、皮の破れの心配があるといわれますが、いつも三線に触れて弾いてあげて皮を響かせてあげることで皮が破れにくくなります。
毎日の練習、愛情が最高のメンテナンス!