▼三線の修理

■三線の修理

・ 弦切れ:100円(税込)~
・ 本皮の張替え:
  表側→20,000円(税込)~
  裏側→15,000円(税込)~
・ カラクイ:工賃500円(税込)~(カラクイ購入代金別)

※新しいカラクイと三線とをピッタリ合わすため調整いたしますので必ずお客様の三線をお店にお持ち下さいますよう御願いいたします。

※修理の状況・部品の形によって値段が異なりますのでお問い合わせください。

■その他の修理については、さんしんや~ とぅるるんてん
06-6882-3434にお問い合わせください。

系列店

さんしんや~ とぅるるんてん

沖縄・那覇店です。

番頭さんの毎度楽しいブログは必見!!

番頭さんのマニアなほどまでの、職人堅気な製作過程は非常に勉強になります!!

島唄ライブ琉球

大阪・梅田にある関西最大級の民謡ライブ居酒屋です。

100種類以上の泡盛と島唄ライブで今日も賑やかなシマンチュの宴が繰り広げられています!!


島唄ライブ樹里

国際通り沿線にてっちゃんプロデュースのお店が誕生!

創作沖縄料理に舌鼓み、泡盛全銘柄とオリオンビールにグラスを傾け、本格島唄の熱い夜をお楽しみください!!

↑こちらはスタッフの楽しいブログです!!


琉球國民謡協会
 

オーナー紹介

てっちゃん

はいさい!!伊礼 哲です。
長年のプロの琉球民謡歌手としての経験を活かした、「弾き手が弾きやすく、よく鳴る三線作り」をモットーに、1本1本丁寧に仕上げております。
そうして組み上がった三線はプロとしての細やかな微調整を施して完成となります。
すべて手づくりなので手に持った感触や音色がそれぞれ微妙に異なります。
だからお客様にはまず御来店いただいて、実際にいろんな三線を手にとって音を鳴らしてみてから、自分に一番合った1本をお買い上げいただきたいと考えております。
まずはお店に一度めんそーれ!!

携帯ページ

七夕サンシン

七夕サンシン

「笹の葉さ~らさら~♪」 七月に入り、お正月の次に願い事が叶うであろう七夕の季節がやってまいりました!!

このシーズンによくかかるこの唄を聴いてふと思い出し、自ら口ずさんでみたのですが、なんとっっっ、、、「笹の葉さ~らさら~軒端にゆれて。。。三輪そうめんや・ま・も・とっ♪」のCM.の唄になっちゃうのです!!。。。関西人のみなさんも同じですよねっ!!この夏も、細く長くのお付き合い、、、こんなフレーズもありましたね!!

パルナスのトラウマサブリミナルCMとは違い、三輪そうめん山本CMと毎日香のさだきち君CMはアニメも爽やかで、好印象に残っているのを覚えております。

初夏の風物詩的な三輪そうめん山本CMの放送は、かなり幼き日の頃から毎年同じCMが流れていたのを覚えている。当時、時代がゲームウオッチからファミコン、ウオークマン等どんどんと変化していく中において、幼い頃を思い出させる「NHKみんなの歌」的な爽やかな「七夕の歌」をバックにノスタルジックな浴衣姿の女の子とその弟とスヌーピーの雑種のようなかわいい子犬の昭和キャラが「なごみ」「いやし」的なイメージとして印象に深く残っております。
特に短冊が煌きながら無数の星々と舞うシーンとCMラストの星空を見つめる2人(+1匹)の頭上を「山本」の文字と天の川が流星のごとく流れていくシーンが印象的でした~☆☆☆
この浴衣姿の女の子は「七夕ちゃん」という名とのことですが、いまでも、「三輪そうめん山本」のパッケージなどで活躍しております。作者は「ガロ」出身の林静一氏で、こりゃまた懐かしいあの「小梅ちゃん」も手がけているとか。。。

そんな七夕ちゃんにも由来する7月7日を会社としても次の記念日としておられるとのこと。

恋そうめんの日(日本):
古くから七夕の日には、そうめんを食べて無病息災を願う風習がある。また風水では麺類は「恋愛運を高める食べ物」とされている。この七夕の日とそうめんと恋愛のステキな関係を結びつけて、自社製品の「恋そうめん」のPRにも役立てようと記念日を制定したのは、日本を代表するそうめんメーカー、株式会社三輪そうめん山本。

そんな、山本さんの「恋そうめんの日」だけでなく、7月7日は、「七夕の日に素麺を天の川にみたてて食べる風習があった」にちなむ「乾麺の日」でもあるそうです。

乾麺デー(日本):
全国乾麺協同組合連合会が1982年に制定。七夕の日に素麺を天の川にみたてて食べる風習があったことから。

ちなみに10年程前に奈良の桜井に行った際、「三輪そうめん山本」本社内にある「三輪茶屋」に行ったことがあるのですが、周囲に木々を植えた広い敷地の中にあり、まるで美術館の雰囲気。誰も素麺の老舗とは思わないほどのモダンさ!!
内部も広いフロアーを贅沢に使い、美術館のようにほの暗く、深閑としていたのを覚えております。そこで「にゅうめんセット」(柿の葉寿司付き)を頼んだのですが、そのそうめんは何と細いことか、それにコシがありシコシコ感、喉越しのよさ、特に芳醇な香りの上品なあっさりダシが絹のようなそうめんに絡み合い、かなりまいう~やったのを覚えております。


そんな毎日がたくさんの記念日な日本、7月7日の年中行事を調べたところ、「乾麺の日」以外にも七夕にちなんだたくさんの記念日を発見!!なかばかな~り強引なのもありますが、ご愛嬌ということで。。。

ゆかたの日(日本):
日本ゆかた連合会が1981年に制定。乞巧奠(きっこうてん)の慣習と織女祭による。

川の日(日本):
建設省(現在の国土交通省)が近代河川制度100周年にあたる1996年に制定。七夕伝説の天の川のイメージがあり、7月は河川愛護月間であることから。

竹・たけのこの日(日本):
全日本竹産業連合会が1986年に制定。日本缶詰協会等の産物関係者の話し合いの席上で「かぐや姫が竹の中から生まれた日は7月7日ではないか」という話になり、この日に決定された。

ギフトの日(日本):
全日本ギフト用品協会が1987年に制定。七夕は牽牛と織女が年に一度出会う日ということから。

香りの日(日本)
全国化粧品小売協同組合連合会中部ブロックが1991年に制定。七夕に因み、「化粧品を買ってプレゼントしよう」と販売促進のために提唱された。

ポニーテールの日(日本):
日本ポニーテール協会が1995年に制定。7月7日が七夕・ゆかたの日であり、織姫がポニーテールであることと、健康的でさわやかで、女性らしさをアピールできる髪型のポニーテールが浴衣に似合うことなどから。
などなど。

七夕番外編:

カルピスの日(日本):
日本初の乳酸飲料「カルピス」が誕生した1919年(大正8年)7月7日を記念して、カルピス株式会社が制定。カルピスは「カラダの健康」だけでなく、おいしさがもたらす笑顔が象徴する「こころの健康」も目指す世界的な人気飲料。日付はその誕生日から。

冷やし中華の日(日本):
この日が二十四節気の小暑となることが多く、夏らしい暑さが始るころであることから。

セブンの日(日本):
7月7日の語呂合わせ。各地でRX-7オーナーのミーティングが行われ、その模様はクルマ雑誌(とりわけチューニングカー雑誌など)に掲載されることがある。

びっくりぱちんこの日(日本):
パチンコ機器メーカーの京楽産業.株式会社が自社製品機種の「びっくりぱちんこ」をPRする目的で制定。「CRびっくりぱちんこあしたのジョー」などの人気機種がある。日付は「7」という数字は確率変動図柄やチャンス図柄で大変縁起の良い数字であり、この日は7が重なるゾロ目の日であることから。

ちなみに昨日7月6日、サラダ記念日は「記念日の日」でもあったようです。この「記念日の日」は、「~(だ)から記念日」、どんなこともが記念日になるいうことにちなんでか日本記念日協会が記念日にしたものだそうです。個人でも登録できるようですね。
日本記念日協会:登録制度について(日本記念日協会ホームページ)
 

さて、話を七夕へともどそうではありませんか~。さんしんや~らしく沖縄の七夕のお話。

沖縄の七夕は、中国や本土で行われている「星祭り」ではなく、祖先の供養行事の一つとして位置づけられています。

本土の七夕は、中国から輸入された乞巧節(婦女子の手芸の上達を願う祭事)と、日本固有のなばたつめ(棚機女)信仰が結びつき、 これが、されに中国の牽牛星、織女星伝説とも結びついて星祭りに発展したとされています。

この伝説は、牽牛星と織女星が、カササギの掛け渡した天の橋を渡って 年に一度の相会を楽しむ、というものです。

本土では、笹や竹の葉に色紙の短冊も飾りつけ、裁縫や書道など手芸の上達を願う習慣があり、 また、星祭りがあります。
しかし、この行事も、もとは農業や中元節(盆)との関わりの中から生まれたもので、 短冊を飾る笹竹も、盆に供えて祖霊を迎え入れる依り代が変化したものと言われています。

「琉球国由来記」には、国王が円覚寺などで祖先の霊を拝んだあと、 大美御殿で付き添いの人達にソーメン(素麺)を与えたというと記されており、 もともと祖先供養の行事だったということが察せられます。

この日、各家では墓参りして、七夕の墓を清めに来たこと、 盆祭りが近づいていることを先祖に告げ、そのあとで墓の周りの草を刈ったり清掃をしたりします。

また、この日は各家庭での虫干し、個人の洗骨も行われます。 特に洗骨は、普段は日取りに制約があるが、七夕は最良の吉日とされています。

近年は、新暦の七夕行事も取り入れられ、子供のいる家庭では短冊で飾りつけた笹竹などが見られます。

沖縄の方言で天の川は天河原(てぃんがーら)といいます。

 

 

 

と、沖縄の七夕のうんちくを述べましたが、我が関西地区ではやはり駅前のショッピングセンター等にいたるところに笹が飾られ、いろいろな願い事の短冊が掲げられてるものですが、うちの近所のショッピングロードでも同様に飾られており、その子供達の興味深い願い事をチェックしたところ、なかなか興味深く、少々PICK UP いたしました!!

「おこられませんように」。。。なんか意味深ですが、子供達の一番の願いでしょうかね~!!決して幼児虐待による子供からの真の叫びではないことを願っております!!

「ドラゴンボールがほしいです」。。。願いを伝える短冊に、願いを叶えるドラゴンボールを望むとは!!よっぽど織姫彦星様が信用されず、神龍召喚による世界征服でも企む気なのか?!

「ドラゴンボールのそんごはんになりたいです」。。。ドラゴンボールシリーズ強し!!ってか、何故孫悟飯?!普通は主役孫悟空やんけ~!!ちなみに2、3人ほどいました!!やはり学歴社会日本、文武両道の悟飯が目指すべき偉人なのか!!

「ウルトラマンタロウになりたい」。。。これもなりたい節シリーズなのだがあまりにも古すぎるヒーロー、、、もはや祖父世代。孫のおじいちゃんが書いたのか?!

「はくいのてんしになりたいです ももか」。。。こちらは名前入り、看護婦さんではなく白衣の天使って響きがいいですね~!!名前も、”ももか”ってギャルギャルな名前からもかなり妄想をかきたたされるのはわたしだけでしょうか?

 

「お父さんの手ぐせがなおりますように」。。。これが今回の一番のヒット作!!たぶん病気か事故かで後遺症の手がなおることを願う文面だと信じておきます!!

そういや数年前、お正月の書初めで、サンシン天才少女Jが、今年の抱負に「ひきぎわ」と書いたのを思い出した。本人は「ひきざん(引き算)」と書きたかったらしいが「ざ」に横線を一本多く書き過ぎて「ぎ」となってしまい、急遽抱負を変更してしまったとのこと。でも、当時7才にして「引き際」を抱負に選ぶとは、末おそろしいかな。。。

 

さて今年の七夕、毎年の如く天候悪し。。。波照間からでしたら南十字星付きの天の川が見られるのに~~~残念!!

しかし天候が悪かろうと織姫、彦星が一年に一回会う事が許される七夕の日。みなさんも無蔵や里目に会えたでしょうか?

私?もっぱらびっくりぱちんこの日でした。。。一攫千金願い叶わず。。。

 

七夕

 

2011-07-07

泡盛ブレイク 「空振りサンシン」   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント