▼三線の修理

■三線の修理

・ 弦切れ:100円(税込)~
・ 本皮の張替え:
  表側→20,000円(税込)~
  裏側→15,000円(税込)~
・ カラクイ:工賃500円(税込)~(カラクイ購入代金別)

※新しいカラクイと三線とをピッタリ合わすため調整いたしますので必ずお客様の三線をお店にお持ち下さいますよう御願いいたします。

※修理の状況・部品の形によって値段が異なりますのでお問い合わせください。

■その他の修理については、さんしんや~ とぅるるんてん
06-6882-3434にお問い合わせください。

系列店

さんしんや~ とぅるるんてん

沖縄・那覇店です。

番頭さんの毎度楽しいブログは必見!!

番頭さんのマニアなほどまでの、職人堅気な製作過程は非常に勉強になります!!

島唄ライブ琉球

大阪・梅田にある関西最大級の民謡ライブ居酒屋です。

100種類以上の泡盛と島唄ライブで今日も賑やかなシマンチュの宴が繰り広げられています!!


島唄ライブ樹里

国際通り沿線にてっちゃんプロデュースのお店が誕生!

創作沖縄料理に舌鼓み、泡盛全銘柄とオリオンビールにグラスを傾け、本格島唄の熱い夜をお楽しみください!!

↑こちらはスタッフの楽しいブログです!!


琉球國民謡協会
 

オーナー紹介

てっちゃん

はいさい!!伊礼 哲です。
長年のプロの琉球民謡歌手としての経験を活かした、「弾き手が弾きやすく、よく鳴る三線作り」をモットーに、1本1本丁寧に仕上げております。
そうして組み上がった三線はプロとしての細やかな微調整を施して完成となります。
すべて手づくりなので手に持った感触や音色がそれぞれ微妙に異なります。
だからお客様にはまず御来店いただいて、実際にいろんな三線を手にとって音を鳴らしてみてから、自分に一番合った1本をお買い上げいただきたいと考えております。
まずはお店に一度めんそーれ!!

携帯ページ

ムーミンサンシン

ムーミンサンシン

♪ねえ!ムーミン こっち向いて♪

懐かしいメロディーですね~!!これに反応された方はかなりの。。。失礼、、、まあわたくしは再放送世代でございますのであしからず。。。再放送の日曜子供劇場はたいてい日曜日の朝7:30ぐらいでしたかね~早朝で家族がまだまだ寝静まっている中、兄と2人早起きしてチャンネルをガチャガチャ回していたのを覚えている。

そして楽しい主題歌が流れた後。。。それは必ずやってきた。。。

「そっとひらけてごらん??。??(ママ)の温かい心が??。お口の中にしみ通るよ??。パルナッス??。パルナッス??。・・・・」星空をバックにまるで遺影の如く不気味に微笑む赤ん坊のドアップから始まり、とても切なく物悲しいロシア民謡チックなメロディーがワルツのテンポで流れ、画像もこりゃまた悲しいかな~ロシアのお姫様やら馬車やらお城やらのモノトーンの切り絵チックな侘しいアニメ画像。。。一瞬で日曜の爽やかな朝を吹き飛ばしたあの関西圏で栄華を誇った洋菓子会社「パルナス」のCM。あの頃の幼子達に強烈なインパクトを与え、恐怖に陥れていたのが今となってはほほえましい思い出だ。ムーミンよりもパルナスのほうが頭にこびりついついてるとはよっぽどあのCMはトラウマを引き起こさせたのだろう。。。わたくし自身もあのCMに恐怖し、あの不気味なおとぎの国に引きずり込まれそうな気がして、必死にチャンネルをさらにガチャガチャ変えたのを覚えている。。。

さて本題のムーミンとはいったいどんなストーリーだったかというと、こりゃまた暗かったような。。。主人公ムーミン演じる岸田今日子氏の挙動不審者の様でいて、したったらずなしゃべり口調がムーミンの物語にパルナス以上にインパクトを与えていたのを覚えている。そういや岸田氏は他にも「傷だらけの天使」でも妖しい悪魔ミュージックをバックに怪しい役やっていたなあ。。。そんな多芸な岸田今日子氏は私の中でとてつもない大きい存在になりました。そして他にも出てくるキャラクターの見た目のかわいさとは裏腹に物語自体も子供じみてなく、かなり詩情に満ちたシュールな内容なドラマだったのを覚えている。ちょっとまえにBSかなにかで再放送をやっていたのを見て思ったのが、今見てもかなりシュールでかつ不条理な内容も頻繁に登場してたのを覚えている。また登場人物には哲学的・詩的な発言も多く、かつ詩情にとんだ絵柄がさらに芸術性をひきだしていたので、大人になってさらに楽しめる深~いレベルの高いアニメであったと痛感!!だからこそあの幼き穢れのない当時、「ムーミン」はどの子にもかなり子供心にインパクトに残ったのだろう。。。

確かにあの頃のアニメはシュールな内容が多かった。鬼太郎、ギャートルズ、ガンバの大冒険、メルモちゃんもある意味シュールそのもの!!特に妖怪人間なんか現在やったらR指定間違いなし!!

不意に何故ムーミンなのか、、、先日HPのアクセスレポートをチェックしていたら、なんとフィンランドのドメインのアクセスが2回程入っており、もしやと思いある人物にメールを打ってみた。

そして早くも数時間後、久々にフィンランドに移ったOさんからメールが届いた。

Oさんは三線教室の生徒さんで、先月フィンランドにご家族の仕事の関係で旅立ったところでした。

まだ一ヶ月しか経ってないのだけど平穏無事に過ごしているとのこと。そんな慣れないフィンランドでの気候や生活ぶりを聞き、そのなかで意外だったのがパンは日本が一番うまい!!とのこと。北欧と言えばミナミにある『HOKUOU』のおいしいパンのイメージがあったのでびつくり!!だから北欧産のパンは美味いものとばかり思っていたが、なんでもアホほど種類はあるが1日経っちゃうと固くなったり、一週間持たずにカビが来たり。。。

Oさん曰く、「同じ北欧ならおおさかミナミにある『HOKUOU』のパン屋のものの方がおいしいと、思うマス」。。。遥か北欧現地より『HOKUOU』MADE IN JAパン にお墨付きまで出てしまいましたわ!!

やはりヨーロッパ、基本はハイジがペーターとアルムの山小屋で固い粉のふいたコッペパンにチーズをのせてかぶりついて歯で首の捻りを利用して引きちぎるのが基本やねんやろうね!!
そりゃあああロッテンマイヤ様の目を盗んでやらかい白いパンを歯の弱いおじいさんのためにちょろまかすわけやね!!

バックパッカーであるわたくし、ヨーロッパを一周したことがあるのだが、確かにパンはどの国も意外といまいちやった記憶が。。。焼きたてのフランスパンとクロワッサンはめちゃ美味かったが、それ以外のパンは歯ごたえがかなりあり、ハイジの如く引きちぎって食べて、アゴがボウダラ食べた後の如く程よく疲れたのを覚えている。

パンで一番美味しかったのが意外や意外、トルコでした。トルコ語で「エキメッキ」なるもので、フランスパンのような状態のフランスパンよりも少しずんぐりむっくりした状態のもの。なんとそのボリュームでひとつが10円程度なのだ!!特に朝に手に入る焼きたては最高で、なんとどこの店でも薪焼きのオーブンで焼いてるのだ!!だから外側はきつね色でパリパリとでも硬すぎず、内側は熱々で食パンの気泡をもうすこし大きくしたようなふんわーり、ふっわふわ!!口にすると香ばしいオーブンの香りがひろがる。バターの味も強く主張していなくて、塩味も程よくて、そのままでも美味しく召し上がれちゃうのだ!!、
それがまた濃い味のトルコ料理にもよく合うのはもちろんのこと!!

知らぬ間に話しがヨーロッパ大陸越えてアジアまできてしまっていた、、、Oさんはまあともかく元気で、「ここで旨いものがどれだけが作れるか!」をモットーに(旦那飯?!)現地の食材を利用しつつ、洋風おでん、お好み焼き、お寿司や鳥鍋やら故郷日本料理の再現に勤しんでるとのこと!

そういや~Oさん、大きな瞳といいアップにした髪形といい、ベリーキュートなミイに似ているな!!みなさん、そんなムーミン谷のミイへ向けてエールよろしゅう!!

ロンケロ日記
http://ameblo.jp/acha5050lab/entry-10914193341.html

次回は北欧の地で、美味いJAパン代表、ミナミ『HOKUOU』のパンの再現もTRYを望もう!!そうそう、フィンランドのお隣が首都モスクワを抱える大ロシア帝国とのことで、こじつけて、モスクワの味「パルナス」も再現よろしゅう!!(実は当時も現在もパルナス食べたことがないんだなあ~!!ちゅうか、パルナスってどこに売ってたんだ!!ってモスクワの味っていったい。。。)

そんな関西一円で栄華を誇ったモスクワの味「パルナス」だが、哀しいかな、、、栄枯盛衰とはいったものだ。。。順調に無借金経営を続けていましたが、世の中の不況風に勝てず、2002年に廃業となってしまいました。大人に成長した現在、「パルナス」製品を大人買いの夢果てつつ。。。と思いきや、意外や意外!!近くにかのモスクワの味発見!!なんと土曜サンシン教室へ向かう道中、毎週通っていた阪神尼崎駅の構内にあったとは!!

噂では阪神尼崎駅構内にある「モンパルナス」という喫茶店はなんと店主がパルナス出身らしく(パルナス創業者の実弟が創業)その製法を受け継いだピロシキを作ってるらしい。名前はおふらんすになっちゃってますが、いまだ脈々と♪モッスク~ウワの味~♪を継承しているという。なんだ、うちの師匠のご近所やないかいな!!近々行ってみないと!!

私?最近おなかが、♪ねえ!ムーミン!!

 

2011-06-21

泡盛ブレイク 「空振りサンシン」   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント