▼三線の修理

■三線の修理

・ 弦切れ:100円(税込)~
・ 本皮の張替え:
  表側→20,000円(税込)~
  裏側→15,000円(税込)~
・ カラクイ:工賃500円(税込)~(カラクイ購入代金別)

※新しいカラクイと三線とをピッタリ合わすため調整いたしますので必ずお客様の三線をお店にお持ち下さいますよう御願いいたします。

※修理の状況・部品の形によって値段が異なりますのでお問い合わせください。

■その他の修理については、さんしんや~ とぅるるんてん
06-6882-3434にお問い合わせください。

系列店

さんしんや~ とぅるるんてん

沖縄・那覇店です。

番頭さんの毎度楽しいブログは必見!!

番頭さんのマニアなほどまでの、職人堅気な製作過程は非常に勉強になります!!

島唄ライブ琉球

大阪・梅田にある関西最大級の民謡ライブ居酒屋です。

100種類以上の泡盛と島唄ライブで今日も賑やかなシマンチュの宴が繰り広げられています!!


島唄ライブ樹里

国際通り沿線にてっちゃんプロデュースのお店が誕生!

創作沖縄料理に舌鼓み、泡盛全銘柄とオリオンビールにグラスを傾け、本格島唄の熱い夜をお楽しみください!!

↑こちらはスタッフの楽しいブログです!!


琉球國民謡協会
 

オーナー紹介

てっちゃん

はいさい!!伊礼 哲です。
長年のプロの琉球民謡歌手としての経験を活かした、「弾き手が弾きやすく、よく鳴る三線作り」をモットーに、1本1本丁寧に仕上げております。
そうして組み上がった三線はプロとしての細やかな微調整を施して完成となります。
すべて手づくりなので手に持った感触や音色がそれぞれ微妙に異なります。
だからお客様にはまず御来店いただいて、実際にいろんな三線を手にとって音を鳴らしてみてから、自分に一番合った1本をお買い上げいただきたいと考えております。
まずはお店に一度めんそーれ!!

携帯ページ

店番サンシン

店番サンシン

人生長年生きていれば思いのかけないかたよった出来事がおこることがある。

店番していても同じ。非常に暇な日や、忙しすぎる日、そして時々かたよった商品ばかり出る時がある。何故こんな商品が今日だけこんなにでるのだという時が!!

この前久しぶりに店番に入ったのですが(とぅるるんてん看板美童達は羨ましくもオーナーと久米島ハーリーツアーのため)、こんな日に限ってかな~り忙しい日となりました(まあ~ありがたい話ではありますが!!)。その忙しい有様はなんと開店してすぐの12時過ぎにはお客様がレジに並ぶありさま!!ひっきりなしにお客様を並ばせるなんてなかなか堂島ロール購入みたいですね~!!慣れないレジさばきでお客様を一人さばいた思ったら今度は2人連れが続いたり、それに引き続きさらに上をいく4名の集団ご一行様が引き続かれ、、、僅か2時間でこの数日の売上を超えてしまったのにはびつくりぎょうてん!!

売上商品は三線や工工四、バチと多岐に渡っていたのですが、中でも偏っていたように思えたのが「奄美大島弦」シリーズ!! 奄美三線をやっている方はここ大阪でも少ないがうえ、ほとんど出ない商品のひとつなのですが、それが在庫大売り尽くしの打ち止めになりかけるとは。。。

まずは奄美民謡の唄者のKさんがご来店され、ウマ等の小物を大量大人買いしていただき(やはりプロ!!ウマなんて7個もご購入!!アリガトウございます)、そのなかでも奄美大島弦セットを3セットご購入から大島弦伝説はじまりました。そのあとご入店されるお客様も奄美弦セットのご購入が続き、夕方にはあれだけあった奄美弦セットが残り1セットとなるほど!!

ようやくバタバタした一日も終わり、PM8時前となったので入り口先で店じまいの準備を始めた瞬間、それに気付いてか一人の若い男性が急ぎ足でススっとお店に入っていきました。

「黄色い弦ってありましたよね!!」やはり出るときにはでるもんだと中ばおかしくなってきて、少々ニヤけながら「奄美大島弦のことでしょうか?」と残りの1セットをお出ししましたところ、「これです!」とおっしゃられる。聞くとその方、映像関係の方らしく、(服装もベストを着ておられ、さっそうと業界人っぽい!!)撮影の小道具で使うとの事。なんでも時代劇の暗殺技に使うとか、、、「あ、!仕事人の三味線屋の勇次みたいな?」と聞くとピンポーン!!聞くところによると、通常は三味線の三の糸(一番細い糸)を使用し、更に強度を持たせるべくろうそくの蝋と油を染み込ませて作るらしく、なるほど~っと聞き入ってしまいました。ちょうど三味線の弦が身近では仕入れにくく、当店にある美大島弦が黄色で良く似ているとのことでご購入に来られたという。そういやこの男性、細身でややイケメンで、ベストをビシッと着こなすナウさから当時のエレキテル順之助ことひかる一平にやや似ている風にもなく思えてきた。

そういや、わたくしもミージル切れたときは必ず張替え前には「♪ちゃらり~~~ん♪」と口走りながら方ひざを立てて、少々うつむき加減で眉間にシワを寄せて、張替え前の弦を左手でロールのまま口に持っていき、弦先をくわえて、ギギギギ~と効果音を唱えながら30cmほど伸ばし、右手の一指し指に絡みとり、気付かれないように彼方のお戯れ中の伊〇悪代官様目がけて何度ミージルを投げたことやら!!(うらみはないのであしからず、、、さて?何かうらみごとめいたもの、感じられました?)まあ、皆さんも弦張替えの時は仕事人ごっこを一度や二度は体験しているはず!!(これやっている方は年がばれましたね。。。)

ひかる一平さんは1セット分をまざまざ手にしつつも「もっとありますか?」と聞いてこられたのでこれで残り1セットと伝えると、「この店の黄色の弦(奄美大島弦)全部でどれくらいありますか?」とのこと。小道具使用なんで多めにいるとのこと。こりゃああ閉店前にすごい売上になるかもと、ドキドキしながら棚の奥底をあさるとセットにする前のミージル、ナカジル、ウージルがばらで小さなビニール袋にパンパンに入ってでてきた。「そうかあ、バラで購入もできるのか~、とりあえず全部見積もってもらえますか!」なんと全部!!!うお~!!!この方は何人人を殺める気なのか!!ばらでは値段が違うのでかなりめんどくさく細かい作業になりましたが、これは当店看板美童を押しのけ、今年NO.の売れっ子を目指す勢いでチャンスとばかり一つ一つ丁寧に数える。。。

「5千250円になりますね~」。。。あら、意外と値段がいかないのにびつくり、、、まあそれもそのはず、弦はひとつ100円ほどですもんね!

するとひかる一平さん、すこし考えたあと、「ではこの中ぐらいの太さのやつを2つ下さい!!」。。。あら、、、さきほどの勢いはどこへやら!!あまりのギャップに少しとまどったものの、まあ~大量殺戮者を出さなかっただけ安心しましたが。。。

「200円でございます!!」お客様の大切な飛び道具、丁重に小さなビニールで梱包させて頂きました!!

後日、とぅるるんてんの奄美大島弦が映画かTVか舞台で、悪代官目がけて空中を飛び交い、その首根っこを締め付ける様を想像しただけでなにか夢が膨らみますね!!(なんか不謹慎な言葉のようなのは気のせい?!)

放送後もお客様にセールストークで笑顔で「この前の必殺の番組のあれ、とぅるるんてんの奄美大島弦で悪代官の首を締め付けてたんですよ!!ちなみに人がぶらさがれる程丈夫ですのでおひとついかがでしょうか?」。。。う~ん、やはりかなり怪しい。。。逆に売上がさらに伸びたりして!!

ある意味、商売もかたよりを減らすべく、唄者以外の裏家業の皆様、御贔屓よろしゅうおたのみもうしやす!!

私?仕事ばっかりの日々のかたよりをなくそうと、もっぱら、「仕事が済んだら 仕事だぜ!!」。。。by KYORAKU

 

 

2011-06-07

泡盛ブレイク 「空振りサンシン」   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント